閉じる

「衛生博覧会」1985年2月26日〜3月4日(門前仲町・佐賀町エキジビット・スペース)



参加メンバー
阿部ハルミ、石崎健太郎、井上誠、岩村桂子、上田みゆき、上野耕路、上野茂都、蛭子能収、太田蛍一、大房真一、
岡田まりゑ、興津信弘、川勝正幸、川崎ゆきお、きしの雄一、黒田益郎、小島英嗣、近藤真己、斎藤好和、坂本志保、
清水敬史、神野夢一、須山公美子、高田せい子、千田雅子、ときわまさゆき、中村幸子、にしはたゆき、野沢美香、原マスミ、
針生夏樹、ひさうちみちお、日野日出志、深津真也、凡天太郎、丸尾末広、山田章博、吉田光彦、若林千裕、渡辺美奈子。
(衛生博覧会パンフレットより)

原マスミの作品は、『杉並区成田東何丁目何番地』というようなタイトル。
工事現場で切り出したアスファルトに白チョークで落書きをし、その下に化石などのある地層部分を制作。
上部表面と横からの断面を展示。


閉じる


※当HPからの画像・テキストの無断転載を禁ず